ミニギャラリー展『押し葉・押し花300周年』開催のお知らせ

江戸時代中期、高島藩士によって制作された押し葉・押し花は、長い時を経てもなおその姿をとどめ、現代まで伝わっています。

そのなかで最も古いものは享保4年(1719年)に作られ、現存する押し葉・押し花では日本最古とみられます。

そこで、制作から今年でちょうど300年を迎えた押し葉・押し花を公開します。

 

 開催期間:令和元年11月30日(土)~12月22日(日)

 会  場:すわ大昔ミニギャラリー(2階常設展示室2内)

 開館時間:午前9時~午後5時

 入 館 料:大人310円 小中学生150円(団体20名以上 一般200円 小中学生100円)

     ※諏訪地方在住・在学の小中学生は無料

 チラシ