ミニギャラリー展「生誕90年・没後10年 考古学者 戸沢充則」開催

 岡谷市出身で明治大学学長などを務めた考古学者の戸沢充則は、旧制諏訪中学校(現 諏訪清陵高校)の頃から考古学研究にうちこみ、諏訪市出身の考古学者 藤森栄一に師事し「諏訪考古学研究所」の創設にも関わるなど、諏訪市にも多くの関わりがありました。

 戸沢氏の死去後、所有していた考古学の関連資料や書籍などが一括して当館に寄贈され、そのうち書籍については平成30年に開所した「すわ大昔情報センター」に配架・公開しています。

 本年は戸沢氏の生誕90年および没後10年の節目であることから、寄贈された資料をミニギャラリーで展示し、その功績の一端を紹介することで公開・活用をおこなうとともに、故人をしのぶ機会にもします。

 

 ▽開催期間  令和4年9月10日(土) ~ 10月23日(日)

 ▽会  場  2階 常設展示室2内 すわ大昔ミニギャラリー

 ▽入  館  料  9月30日まで 一般310円 小中学生150円

        10月1日から 一般500円 小中学生150円(企画展開催料金)

 ▽展示解説  9月11日(日) 午後1時30分から 30分程度

         ※申込み不要・時間までにミニ展示会場にお集まりください。

 チラシPDF