第7回すわ大昔フォーラム「湖南小学校旧後山分校の記録保存について」開催のお知らせ

①湖南小学校旧後山分校の記録保存について(報告)

諏訪市湖南(こなみ)の山間地域「後山(うしろやま)」に所在した諏訪市立湖南小学校後山分校は、児童数の減少に伴い昭和43年に廃校となりました。魅力ある古い校舎建築物を活かして映画ロケ地などとして利用されることもありましたが、建物の老朽化が進み危険性も増して維持管理が困難となったため、平成30年には校舎建物のすべてを解体撤去することが決定されました。

後山区や同区出身者・後山分校卒業生などから校舎の解体撤去を惜しむ声がある中、(一社)大昔調査会では建築物について専門知識を有する(一社)長野県建築士会諏訪支部と協力し、旧後山分校の記録保存を自主事業として実施することとしました。両会では会員を中心に「旧後山分校調査団」を編成し、記録保存のための調査を7月から9月にかけて実施しました。

このたび校舎記録保存調査の結果が報告書としてまとまりましたので、その概要について調査団の主要メンバーより発表します。

*********************************

日 時:令和元年5月25日(土)午後1時30分~3時30分

会 場:諏訪市博物館 学習室

発表者:井出 賢一(報告書「歴史編」執筆者 大昔調査会)

    五味 光一(報告書「建築編」執筆者 大昔調査会)

参加料:博物館入館料のみ

申 込:不要

*********************************

 

②諏訪地域の縄文遺跡マップWeb版の公開(デモ)

ふるさと文化を語り継ぐ会が長野県「地域発元気づくり支援金」を得て取り組んでいる事業に大昔調査会として協力した成果を紹介します。